PETIT NECKダイヤ・プチ ペンダント0.275ct

yua様専用

ポケモンババ抜き,

内田善美 星の時計のLiddell 全3巻+草迷宮・草空 【新発売】

内田善美 星の時計のLiddell 全3巻+草迷宮・草空
内田善美 星の時計のリデル 1,2,3巻 草迷宮 草空間 ピンナップカード2枚付き 当時新刊で購入して、本棚で保管していましたが 経年劣化のシミ、ヤケがございます。 大きくは上部に埃が溜まった部分のシミ、扉のシミですが、 中面は全体的なヤケは少々ありますが、比較的綺麗な状態に見えます。 2、3巻は初版本です。 長期保管品にご理解ある方にお願い致します。 #内田善美 #絶版 #希少本 梱包後ゆうゆうメルカリ便に変更する場合がございますがご了承くださいませ。

内田善美 星の時計のLiddell 全3巻+草迷宮・草空 全巻セット 【新発売】

内田善美 星の時計のLiddell 全3巻+草迷宮・草空 全巻セット 【新発売】

内田善美 星の時計のLiddell 全3巻+草迷宮・草空 全巻セット 【新発売】

  • 5.00

    死の瀬戸際に立ち、生きる意味を問う

    レブロン

    地味なテーマだが、三時間もの大長編を飽きることなく見せる。 世界的に知られるきっかけとなった「羅生門」、そして監督の代表作とされる「七人の侍」等も素晴らしい作品だが、「生きる」は黒澤監督の実存的ともいえるヒューマニズムを力強く描き、その頂点ともいえる作品だと思う。「死」を自覚することにより、はじめて生きることに目覚める主人公。虚無感の瀬戸際に立ちながら、逆にそれ故に自らの生きる意味を問い直す。黒澤映画の中でも、非常に重要な作品だと思う。平凡な小市民の男が癌であることに気が付き、残りの人生を公園づくりに捧げるというストーリーだが、志村喬の演技はいかにも「小市民」で事なかれ主義のお役人から、病気を知ってからの狼狽、そして必死に生きた証を作ろうとするシーン、それぞれを見事に演じる。志村喬、畢生の演技。また、小田切みきは生命力に溢れた演技を見せる。どのシーンを取っても表現する力に満ちていると思うが、息子が子供の頃の回想、妻の葬儀の回想などのシーンも素晴らしい。中でもラストの「ゴンドラの唄」は観ていて熱いものがこみあげてくる。静かだが、主人公の意志や生き様の熱さが伝わってくる力強いシーンだったと思う(後の日本のドラマやアニメでさえも、このシーンを意識したシーンが幾度となく見られると思う)ストーリーの展開上は、途中でいきなり渡辺勘治の葬式のシーンとなり、物語が回想で語られていく。起承転結で物語を順序だてて語るのではなく、ダイレクトにポイントを突いて内容を展開させ、構成に変化を持たせる。一見地味にも見えるテーマが力強さに溢れ、また外国で理解されるのも、構成の工夫が一つの要因になっていると思う。

  • 5.00

    とても素晴らしい作品。

    有象無象

    『七人の侍』に続いて、黒澤監督による映画の二作品目として観ました。派手な場面はないものの、後味としては『七人の侍』と似たものを感じました。私は黒澤映画の、「登場人物との距離のとり方」がとても好きです。「生きる」というタイトルの映画ですが、メッセージといえるような強いメッセージはないように思います。何というか、良い映画を観たときは必ず、感想を言葉に出来ません。こういう映画を、23歳のこの時期に観ることができて良かったと思います。観るのがあと5年早かったら、おそらく退屈なだけで何も感じなかったでしょう。そしてあと10年したら、また観たいと思います。

  • 5.00

    黒澤映画の頂点

    Ken

    黒澤映画の頂点。アクション(人・画面・物語の躍動)とメッセージの最高の結合。生真面目な黒澤はひねくれた人生観は持たない。意味の分からないショットは使わない。あくまで率直で直截。気むずかし屋の評論家や評論家気取りの映画マニア(いわゆる似非インテリですな)は何だかんだと文句をつけてきた。しかし、汗を流して一日の仕事に精を出す普通の人。一杯の酒で一日の疲れを癒す普通の人には、この映画のメッセージは心に沁みる。「七人の侍」もいいが、「生きる」が黒澤の最高作だと内心思っている人は多いと信ずる。

  • 5.00

    「生きる」という命名、賛同します

    MacMan

    すばらしい、現代人の姿、そのままに。公務員のみならずサラリーマンも同様の世界だ。「この男、本当は何もしていない」のコメント、その通りだと思います。私もそうだったのですから。死というものの存在の偉大さを改めて噛み締める。OTONA TSUTAYA 365 シネマ名言集 にて本作のことを知る:「いや、わしは人を憎んでなんかいられない。わしには、そんな暇はない」

  • 4.00

    答えのない問題。

    こたろう

    自分の余命があといくばくもないと知った時、主人公の心の“明かり”であった、子の心は、もはや手の届かない場所にあった。「自分の人生とはなんだったのか」そう自問した時、主人公は公園を造る、人のために生きるという“明かり”を見つけた。その計画に奔走し、ついに死の間際には、公園が完成する。妻を早くに亡くし、子を明かりとして生きても、子の心はいずれ親元を離れる。子には子の人生がある。ただ、今、心は近くになくとも、子に捧げた人生であったとても、それはそれで良かったのではないだろうか。ただ、ジタバタしたくなるのが人間ではあるが。最期に主人公は自らが実現した公園のブランコに乗り、生涯の幕を閉じる。残された者は、主人公の最期は素晴らしかった。と褒め称えたが、果たして心の中はどうだったろうか。確かに最期はブランコに乗りながら笑みを浮かべていた。ただその笑みは満足感から湧き上がる笑みというよりも、人生の諦め、悟りから生まれた笑みのように見えた。

  • 5.00

    生きる、ということの意味。

    しんしん

    ヒューマニティーの頂点。無気力に事なかれ主義で生きてきた退職間近の小役人は癌であることを宣告され、尚且つ同僚の若い女性の活力に、突然、無意味に感じていた自分の職場で「生きる」という意味を探し始める。市民の声をたらい回しにする役場において、突然、市民からの公園を創ってほしいという陳情書を上司や、他部署を回り、ヤクザにも負けず、通し、公園を創るために最後の命を賭けて奔走する。人にとって、生きる意味とは?という普遍的なテーマと、官僚政治に対する強烈な皮肉、これは、今でも年金や薬害エイズ問題など起こり続けていますから、常に新鮮に感じられるテーマですね。黒澤作品の好きなところは、古くならない普遍的なテーマを選び、徹底的に脚本を、美術を、役者を追い詰めて、彼以外に創れない世界を構築しているからです。無意味だと思っていた職場に価値を見出す、、つまり、、本人のメンタリティの変化によって、価値を見出すことが出来るんですよね。後に、公園が出来て、彼の葬式に集まった役人達の自分勝手な手柄自慢や上司へのおべんちゃらは、どこにでもある、そしてどこにでもいる、普通の人達ですよね、、、くだらないけど、身の回りにはそんな人が溢れてませんか?役人だけじゃなくて会社には五万といますよね。当たり前のことを、誠意をもってやるってことが、いかに組織の中に入って安楽とした生活では冒険かと、、、改めて、官僚や役人って何なんだ?と感じてしまいます。陳情書を届けた市民達が、葬式に弔問に来て彼に感謝し、そして、公園で遊ぶ子ども達の顔を見て、政治家や役人はもっと人のために働きや!と怒りがこみ上げてきます。何度も観た映画ですが、その度に、生きるとは、どういうことなのか?ということを考えさせられます。。。生きるって、、人のためになることをする?歴史に残る偉業を成し遂げる?、、、何かを成し遂げる?、、、いえいえ、それは単に結果であって、「生きてる!」って自分が実感できる、その連続が「生きる」ってことだと思います。まあ、、、、旨いもの食って「生きてる!」っていう実感も大切ですけど(笑)、それはきっと動物でも、できることでしょうしね、、、、、恋をした、、コクった、なんてのも、生きてるって思えます、、、。なにかをやろうとしている、やった、なにかが分かった、何かを動かした、、など、生きるって事は、人にとって精神そのものだと思います。PS:志村喬がブランコをこぐシーンは日本映画史上に残る名シーンで、脚本はトルストイの「イワン・イリイチの死」が元になっています、また、彼がブランコで口ずさむ「ゴンドラの唄」は吉井勇の作詞、中山晋平の作曲で1915年に芸術座の「その前夜」の劇で使われ流行歌となりました。観てない人は観なくちゃだめですよ。ついでに僕の好きな羅生門も観てください。人の崇高さや尊厳が、「生きる」の行き着く先だとしたら、羅生門はその逆、、人の心は藪の中です。

  • 5.00

    最高傑作

    vol_de_nuite_akiko

    黒澤監督は美術出身だけあって、映像美の監督として名高いのに、学生の頃からシェークスピア、ドストエフスキーを親しんできただけあって、全てにおいて深い。志村喬の名演技に加え、脚本の見事さ、人間の本質を抉り取る痛烈さ。活劇監督として名高いにも関わらず、これだけ奥深い映画を作ることができるのはやっぱり黒澤やタケシ以外にいないと感じる。生きる・・その意味は何か?そして、「死」を宣告され、ミイラとして生きてきた自分の人生や、親子の情のもろさ、(怒りを感じました)、お役所、政治家の利権、特権、その中で必死で生き抜く主人公の力に涙が止まりませんでした。人生とは何か?追求せずに生きていく人間のはかなさ、もろさ。凄い作品をみせつけられました。

  • 5.00

    今まで本当に生きてきたのか。

    くぼん

    主人公は、ほんと〜に気の毒であった。志村喬の演技を見ていると気の毒でしょうがなかった。いや、志村喬とかじゃなくて気の毒な主人公がリアルだった。見ている自分が、絶望の淵に立たされたような気持ちになった。演技力が凄い。まさか七人の侍で、みんなをまとめるリーダー役を演じた同一人物とは思えない。笑いがこみ上げると共に、すごい役者だな〜と何度も思った。全体的に重い映画なのだが、人生について考えさせられ、見る価値は絶対にある。トータルで素晴らしい映画。当時の風俗も見れて、驚きを隠せず。おおらかな時代だったんだな〜。やはり黒澤映画は、人間を映している。ヒューマニズム。役者一人ひとりの表情、しぐさを大事にしている。何といってもリアリズム。最後のシーン、あの人影は、、。そして揺れるブランコ。それを眺めているのは誰!?素晴らしすぎる。感動しました。

  • 5.00

    退屈な時間あればこそ、「生きる」事を知った。

    どんちゃん

    雪が凄いね。『生きる』という映画がある。黒澤明監督の傑作だ。その映画の導入部。つまりは、イントロダクションだ。こんな感じだ。レントゲン写真が一枚。『これは、この物語の主人公の胃袋である。噴門部に胃ガンの兆候が見える・・・。だが・・・この男について今語るのは、退屈なだけだ!なぜなら・・・この男は生きていないからだ。この男には生きた時間がない、つまり生きているとは、言えないのである。ただ、自分の椅子を守るという事以外は、何もしていないのだ。この男が、真に生きるには、この男の胃袋がもっと悪くなり、もっとひどくなる必要がある。この男がそれを本気で考えた時、はじめて生きることができるであろう・・・』この映画観た時、最初の1時間。はっきり言って退屈でした。観た方で退屈な映画だと、思われる方多いと思います。でも、それは冒頭のナレーションで前置きしてあるでしょ?「この男について語るのは退屈なだけだ」と。でも、観終わって、退屈なその1時間があったからこそ、感動できたことを知りました。主人公、市役所の市民課長。さあ?死を悟った時、生き始めるんだ!何をするかと言うと、公園を作るんだ。たった一個の公園。一人息子にはそっぽを向かれ、一市民課長がでしゃばってと、陰口を叩かれ。でも、ひたすら公園を造るんだ。ずっと保留にしておいた、企画を、書類の山の中から見つけ出して、自分が課長で居る間に・・・何とかしようとする。やがて周りが変わって行く・・・そして死んでゆく。一人寂しく死んでゆく。ひっそりと。でも、大きく違うのは。笑ってるんだ。笑って死ねるんだよ。生きたんだもの。この映画は、『生きる』だよ。

  • 5.00

    ラスト数十分の集団劇にこそこの映画の凄みを感じる。

    こういちろう

    この映画の一番凄いのは、志村喬演ずる市民課長の主人公が癌で死んだ後で、残された人々・・・・上は市の助役から、他課のトップ、部下たち、そして直接の遺族、更には・・・あ、コレはさすがにネタバレ避けます・・・との間で延々わされる、故人をしのんでのやりとりと、それら個々の人が思い出していく、生前の主人公の振る舞いにつの回想をクロスカッティング的に差し挟みながら(厳密には「クロスカッティング」とは、同時進行の別のシーンを行き来する場合らしいが)進んでいく「最後の40分」(全体では2時間半の映画である)に尽きると思う。 このことは映画通には知れ渡ったことで、映画の作劇術の鮮やかさについては語り尽くされてもいるようだけれども、私なりの言葉で書いてみたい。 ここでなされる対話の辛辣なリアリズムにはほんとうに舌を巻くしかない。これだけ大人数の役者が重ねる議論、ちゃんとひとりひとりの立場と性格の違いまで完璧に計算され尽くしている。脚本術の高さという点では想像を絶すると思う。 話がひとつの方向に収束してみんな納得するという流れにはなかなかならないのだ。繰り返し繰り返し、そこに集う「お役所公務員」の骨の髄まで食いいった、「職場で勤め上げようとすれは、何もしちゃいけない」という適応スタイル、他部署との縄張り意識、選挙対策まで持ち出す「一見もっともらしい状況分析」が、いやらしいまで議論を元の木阿弥にしてしまおうとする。 ほんとうにお通夜の席で、このような、ほんとうにうねうねとしたやり取りが延々と続いていても何もおかしくはないというくらいにリアルである。 この、集団での対話の異様な生々しさの背景には、この映画製作直前の時期まで続いた東宝の労働争議を目の当たりにした中で、黒澤をはじめとした製作スタッフが肌身に染みて感じた事柄も、ダイレクトに反映しているのかもしれない。 もとより、こうした寄せては返すような膠着スレスレの対話を重ねる中で、それぞれの周囲の人物の中に残っていた、忘れかけていた記憶の断片が蘇り、皆の中でシェアされていくうちに、ジグソーパズルは徐々に完成され、故人の生き様とその動機が何だったのかについて、やっとひとつの立体的な像を結び始める。 遺された人々の記憶を寄せ集めて、共有する中で、はじめて故人の「生きる」姿が再建されるのである。 もとより、それすら、その後に続くあのようなエンディングという形でしか描かないあたりにこそ、それは観客ひとりひとりの「生きる」あり方の問題ということを最後に突きつけているのだと思う。

内田善美 星の時計のLiddell 全3巻+草迷宮・草空 全巻セット 【新発売】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

内田善美 星の時計のLiddell 全3巻+草迷宮・草空 全巻セット 【新発売】

PETIT NECK
ダイヤ・プチ ペンダント
0.275ct

PTダイヤ・プチ ペンダント

中央に0.2CTのダイヤモンドが入り、その周りをメレダイヤ で豪華に囲んだデザインです。

spec:PT:ダイヤ0.275ct
price:¥294,800 (税込)
  1. ホーム
  2. 全巻セット
  3. 内田善美 星の時計のLiddell 全3巻+草迷宮・草空

こちらの商品に関するお問い合わせ、又はカタログのご請求は [ CONTACT ]ボタンよりお問い合せフォームへお進み下さい。

ポケモンカード ソード シュリンク付き 1b0x

こちらの商品に関するお問い合わせ、又はカタログのご請求は
[ CONTACT ]ボタンよりお問い合せフォームへお進み下さい。

お電話でのお問い合わせは..

  • 岡山店
    086-244-5888
  • 倉敷店
    086-430-0888
BRAND 取扱ブランド

SHOP INFORMATION

EYE JEWELRY UMAKI 【 倉敷店 】

〒710-0824 岡山県倉敷市白楽町 556-25

TEL : 086-430-0888

平日 : AM 11:00~PM 8:00
土日祝 : AM 10:30~PM 8:00
CLOSE / 毎週月曜日

EYE JEWELRY UMAKI 【 岡山店 】

〒700-0945 岡山県岡山市南区新保 1604-1

TEL : 086-244-5888

平日 : AM 11:00~PM 8:00
土日祝 : AM 10:30~PM 8:00
CLOSE / 毎週火曜日

< お支払いについて >

当店では現金払いの他、以下の決済がご利用いただけます。

クレジットカード ショッピングローン PayPay Alipay
各種クレジットカードをご利用頂けます。 ショッピングローン